マーチンゲール法で攻略

カジノ攻略法の中でも有名なものの一つが「 マーチンゲール法」です。
シンプルなルールと理論上負けなしと言われる完成度の高さがマーチンゲール法の特徴です。
今回は、マーチンゲール法のやり方とオンラインカジノ攻略法としての有用性について紹介します。

マーチンゲール法とは

マーチンゲール法はカジノ攻略法として知られるシステムベットの一種です。
システムベッドとは一定のルールに基づいて賭金をベットしていくカジノの攻略法で、カジノゲームの内容や勝敗ではなく賭金の額を調整することで最終的な利益を目指します。
マーチンゲール法のやり方を順に説明すると以下のようになります。

1.最初のゲームでは賭金1をベットする

2.ゲームで負けたら次のゲームでは賭金の倍額をベットする

3.2ゲーム目で負けたら賭金2、3ゲーム目は2ゲーム目の賭金2の倍額4をベットする

4.以降4ゲーム目は8、5ゲーム目は16とゲームに勝利するまでベット額を倍にして勝負を続ける

5.ゲームに勝利したらカウントを戻し次のゲームを1ゲーム目として賭金1をベットしてスタートする

マーチンゲール法を単純に説明するならば「勝つまでベット額を倍にしながら勝負を続ける」というルールとなります。

シンプルで理解しやすいマーチンゲール法

マーチンゲール法は非常にシンプルで理解しやすいルールに基づく攻略法です。
カジノの攻略法と言うと駆け引きや確率計算といった複雑なイメージがありますが、マーチンゲール法は勝つまでベッド額を倍に増やしていくだの単純で誰でもわかるルールです。
ゲームの強さもカジノの経験も一切関係なくカジノ初心者でもすぐに実践可能なことから世界中で多くの人に利用されている攻略法です。

理論上負けることはない

理論上負けることはない

マーチンゲール法は理論上負けることはないとされている攻略法です。
計算すると分かりますが勝つまでマーチンゲール法にしたがって勝負を続ければ最終的には必ず利益が発生します。

攻略法であって必勝法ではない

注意しなければならないのは「マーチンゲール法は攻略法ではあっても必勝法ではない」ことです。
マーチンゲール法は最終的な利益の確保を目指すものでカジノゲーム個別の勝敗には影響しません。
理論上負けることはありませんが個別のゲームでは当然負けることもあるのでカジノゲームの勝敗に一喜一憂するタイプには不向きです。

マーチンゲール法の注意点

マーチンゲール法が理論上負けることのない攻略法であるのは事実です。
ただし負けないのはあくまで理論上の話であり、オンラインカジノで実践して必ず利益が約束されるものではありません。

現実的にはさまざまな理由からマーチンゲール法で負けてしまう可能性が発生します。
オンラインカジノで実践するなら注意点もしっかり押さえておきましょう。

ベット金額の制限に注意

マーチンゲール法実践する上で最大の壁となるのがベット金額の制限です。
マーチンゲール法で最終的な利益を確保するためにはゲームごとにベット額を倍に増やしていく必要があります。

1ドルからスタートすると10ゲーム目の賭金は512ドルになる計算ですが、オンラインカジノの多くはそれぞれのゲームでベット金額に上限を設けています。
あるカジノゲームののベット上限が500ドルだったとすると9ゲーム目で負けた後の10ゲーム目にルール通りの512ドルをベットすることができません。
上限いっぱいの500ドルを賭けて勝利しても損失が発生してしまうためその時点でマーチンゲール法は破綻してしまいます。

高額の資金が必要

金額を倍に増やしていくマーチンゲール法ではゲームごとに急激に必要資金が増えていきます。
1ドルからスタートすると10連敗した後の11ゲーム目に必要なベット金額は1024ドルになります。
負けを重ねる可能性があることを考えると十分な資金がなければマーチンゲール法の実践は不可能です。

勝った時の利益が小さい

マーチンゲール法はどれだけ負け続けても1勝でそれまでにベットした金額を取り戻してリターンを得られる仕組みの攻略法です。
注意が必要なのは勝って得られる利益の大きさです。
マーチンゲール法で手にできる利益は勝利で得た払戻金からこれまでのベット金額を差し引いた金額です。

計算すると分かるのですがこの時に得られる利益は何ゲーム目で勝ったかにかかわらず1ゲーム目にかけたベット額と同額であり、勝利による利益は常に1ゲーム目のベット額に固定されています。
1件目に1ドルをかけてマーチンゲール法をスタートした場合、3ゲーム目で勝利しても10ゲーム目で勝利しても得られる利益は等しく1ドルです。
10ゲーム目まで勝負するには1000ドル以上の高額な資金が必要なのに利益はたった1ドルではリターンが小さいと言わざるを得ません。

有利に進めるために参加するタイミングを見極める

マーチンゲール法を優位に進めるためのアイデアとして、 勝敗の行方を見てからゲームに参加するという方法があります。
ダイスで偶数か奇数かを予想する払戻率2倍のゲームで勝利する確率は50%ですが5回連続で同じ結果が出る確率はわずか約3%です。
同じ結果が4回連続で出るまでじっと待ち 次のゲームでこれまでと逆の結果にベットすれば3%の逆、つまり97%の確率で勝てる計算になります。

もし3%の確率で同じ目が出て負けたとしても次のゲームで再び同じ目が出る確率は約1.5%とさらに低い確率です。
逆の結果に別途すれば98.5%の高確率で勝てるのでリスクは大きくありません。
マーチンゲール法はスタートするタイミングを見極めてから参加すれば確率的に優位な状況で勝負できるのでどこで勝負に参加するかの判断が重要です。

有利に進めるために参加するタイミングを見極める

カジノ攻略法として広く普及しているマーチンゲール法ですが、重要なのは攻略法に頼るのではなく理解した上で使いこなすことです。
メリットとデメリットを理解した上でうまく実践してください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です